ナイロニュース7

個人的な気になる情報のまとめ。新旧いろいろ。 ※Amazonアソシエイトプログラムに参加しています

フクロウ

【生態】アライグマとフクロウは、ねぐらを奪い合ってる可能性がある



引用元: 【生態】アライグマとフクロウは、ねぐらを奪い合ってる可能性がある

1: ベガスφ ★ 2013/12/28(土) 21:22:26.42 ID:???
"アライグマとフクロウ、奪い合い ねぐらの樹洞めぐり、北大の調査"

外来種のアライグマが、ねぐらとなる樹洞(木に開いた穴)をフクロウと奪い合っている可能性があることが、
北海道大の研究チームの調査で分かった。

2011~12年にかけ、札幌市近郊の野幌森林公園で見つかった大型の樹洞341個を調査した。
木に登るなどして直接観察したほか、体毛や羽根、餌の食べ残しから利用状況を調べた。

その結果、アライグマは37個、フクロウは32個の樹洞を利用し、うち四つは、両者が別の年に使っていた。
アライグマが利用する樹洞の大きさや穴の形状がフクロウの好みと重なることが分かった。

no title

2013/12/28 17:49
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122801001740.html

続きを読む

【北海道】「羽が温かくて布団みたい」「爪が鋭くてかっこいい」…シマフクロウのちびと触れ合おう、釧路・遊学館で触れあい講座(写真)



1: 生徒もろきみ!φ ★ 2013/06/10(月) 02:11:23.67 ID:???
 【釧路】右半身に発達の遅れがあり、野生に返せないシマフクロウの「ちび」と触れあう講座が8日、北海道釧路市
こども遊学館で開かれた。約60人がシマフクロウの生態を学んだ。

 「くしろエコ・フェア」(実行委主催)の一環で、環境省釧路自然環境事務所が開いた。ちびを保護している釧路市の
猛禽(もうきん)類医学研究所の渡辺有希子獣医師(38)が森林減少などが原因で、シマフクロウの生息数が減っている
ことを説明。「シマフクロウが住める環境をつくることが大切」と語りかけた。

 参加した子どもたちは、ちびの羽や足に触り、「羽が温かくて布団みたい」「爪が鋭くてかっこいい」などと話していた。
渡辺獣医師は「今後は釧路市内だけでなく、道内各地に活動の幅を広げ、環境保全の大切さを訴えていきたい」と
話していた。

ソース(北海道新聞) http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/472511.html
写真=シマフクロウのちびと触れあう子どもたち
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/photonews/image/2441_2.jpg

2: やまとななしこ 2013/06/10(月) 02:57:11.69 ID:lY8+Kj09
こりゃでかいな

3: やまとななしこ 2013/06/10(月) 03:01:01.94 ID:/fB8FrXq
美しい

6: やまとななしこ 2013/06/10(月) 05:21:51.76 ID:i+lhflcg
素敵なもふもふ具合

9: やまとななしこ 2013/06/10(月) 07:36:03.98 ID:44at633h
「あー」って顔がいいw

10: やまとななしこ 2013/06/10(月) 07:41:05.05 ID:t16OA9WE
ちびなのに全然チビじゃない件

引用元: 【北海道】「羽が温かくて布団みたい」「爪が鋭くてかっこいい」…シマフクロウのちびと触れ合おう、釧路・遊学館で触れあい講座(写真)

QRコード
QRコード
タグ絞り込み検索
記事検索
Amazon
おすすめ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ